アンプルールビーグレン共通点

ビーグレンとアンプルールはよく比較されてどっちがおすすめなの?
という記事を目にしますね。

特にシミ消し効果が高いと人気の美白ケアはよく比較されています。

なぜこのように比べられるのかというと、
「共通点が多い」からなんです。

では、その共通点について見ていきましょう。

 

ハイドロキノンを配合している

ビーグレンもアンプルールもシミ消しの成分としてハイドロキノンを配合しています。

ハイドロキノンは、
アルブチンやコウジ酸といった よくある美白成分と比べると約100倍もの効果があるとされています。
また、シミができるのを防ぐだけではなく、 できてしまったシミの漂白作用があります。

 

この「シミを薄くする効果」があるハイドロキノンを配合しているというところが一番の共通点ではないでしょうか。

 

しかし、全く同じハイドロキノンかというとそうではありません。

 

    • ビーグレンは「QuSome(キューソーム)化ハイドロキノン」という成分

独自の浸透技術によってお肌への浸透進度や浸透力を高め、より肌への負担を減らした画期的なもの

    • アンプルールは「新安定型ハイドロキノン」という成分 

こちらも独自に開発された成分。お肌への負担も少なく、マイクロカプセルにとじこめて浸透パワーとスピードをコントロールし、じっくりメラニン生成を抑制

 
このように同じハイドロキノンでもそれぞれの開発技術によって若干の違いはありそうですが、
ハイドロキノンの弱点を改善しているという点ではほぼ変わらないように感じます。
あとは浸透力の違いだけでしょうか。
(ビーグレンは国際特許をとった浸透技術です)

 

ドクターズコスメ

ドクターズコスメとは、医師が開発したスキンケアのことです。
ビーグレンもアンプルールもどちらも医師が開発しているところは同じです。
 

ブライアンケラー氏
ビーグレンはブライアンケラー氏が開発の最高責任者で、ドラッグデリバリーシステム(薬を患部に届ける)の第一人者です。
医療技術を応用してスキンケアに取り入れることに成功しました。

 

takese
アンプルールは女医の高瀬聡子さんが開発しています。
東京で美容皮膚科クリニックを開院し、総院長をしています。皮膚科の専門医であるとともに、女性ならではの視点で商品開発に取り組んでいます。
 

 

ネットで気軽に購入できる

ネットで購入
ビーグレンもアンプルールもインターネットの公式サイトから簡単に購入できます。ビーグレンは公式サイトでしか買えません。店頭での販売は行っていません。

アンプルールは、ネットでの販売に加えて、ロフトや化粧品専門店などでも販売しいています。
実際に手にとって現品をみることができます。
ただ全国にあるわけではないので地方の方はネットでの注文が便利です。
 

効果が高いという口コミや評判が多い

どうしてビーグレンとアンプルールはシミへの効果が高いと評判が良いのでしょうか。
それにはある誤解があると考えられます。

「美白」の本当の意味

美白という言葉の意味を知っていますか?
美白とは「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」または「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」
とされています。

つまり「予防する」 ということなんですね。

これがみなさんが誤解をしている点ではないでしょうか。
TVCMの影響もあってか、美白のスキンケアを使えばシミやそばかすが消えて白いお肌になると勘違いをしている人がとても多いようです。

この誤解のために、多くの美白スキンケアをつかっても効果が実感できない・・・
という不満が出てきてしまっているように感じます。
 

ビーグレンとアンプルールはどうなの?

ビーグレンとアンプルールはこの「予防する」効果に加えて、
「できてしまったシミを薄くする効果がある」とされています。

だから、口コミや評判が良いんですね~

シミを薄くしたい人が最後にたどり着くスキンケアといってもいいでしょう。
 

WS000028
ビーグレンで公開されているシミの画像です。
確かに薄くなっていますね。

「マジで!すごいじゃん!私も使ってみよ!」
そう思うかたも多いのでは。

 

 
 

ビーグレンとアンプルールの共通点まとめ

  • ハイドロキノン配合
  • ドクターズコスメ
  • ネットで気軽に購入できる
  • 効果が高いという口コミや評判が多い